プロフィールを書いてみよう


プロフィール(自己紹介)の書き方

ツイッターでプロフィールを書く場合、一番重要なのは“簡潔さ”です。

ツイッターのプロフィール(自己紹介)には、160文字という字数制限があります。

つぶやきの「本文」の制限が140文字であることに比べれば、やや長めに書くことができますが、決して豊富な情報量とは言えません

つまり、できるだけ「簡潔に」、あなたがどんな人で、何をしている人なのかを伝える必要があるのです。

では、160文字以内で上手に自己紹介するには、何をどのように書けばよいのでしょうか?



プロフィールの書き方の例


以下は、上記の方法に従って架空の自己紹介を書いてみたです。

 

池袋で八百屋の「八百政」を経営しているマサヒコです。
知る人ぞ知る、地元豊島区で採れた有機栽培の野菜を中心に扱っています。
味が濃くて美味しいですよ〜。
趣味は釣りジョギング。たまに妻子を連れて皇居周りでも走ってますので、ジョギング仲間の方がいたらぜひ声をかけてくださいね。


これで135文字。短い自己紹介ながら、どこで何をしている人なのか、どんなことに興味があるのかなどが簡単に伝わりますね。

 

書く内容は項目ごとに絞り込む

 

簡潔に自己紹介をするためには、ずらずらと文章を書くよりも、まず下記の項目ごとに1〜2個ずつ挙げてみることが効果的。

  • 名前
  • 仕事や普段やっていること
  • 趣味
  • 得意なこと
  • 目標

これらを挙げたら、それを文章の形につなげて、さらにツイッター仲間へのメッセージなども付け加えると良いでしょう。




プロフィールに設定できる項目

プロフィールで設定した内容は、各ユーザーのプロフィールページを見たとき、下記の赤枠で囲んだ部分に表示されます。

ACS000060-1.jpg

自分のプロフィールを設定するためには、全体メニューの「設定」をクリック。さらに設定メニューから「プロフィール」をクリックします。

ACS000061.jpg

ここで設定できるのは、下記の5つの項目になります。

アイコン
好きな写真画像をアイコンとして設定することができます。

名称
ニックネームや本名を自由に設定。ユーザー名(ID)とは異なり、日本語の利用や他のユーザーとの重複もできます。
なお、ツイッターは本名での利用が多いのが特徴ですが、本名の公開には危険も伴うため慎重に行ってください。

現在地
あなたの住んでいる場所勤務場所などを設定します。
細かい住所の記載は危険なので、せいぜい市区町村程度までにしておきましょう。

また、この項目は必ずしも実在の地名でなくてもかまいません。
たとえば「あなたの心の中」や「地の底に生息中」などの冗談めいた現在地を設定する人もいます。

Web
ブログやホームページを持っている場合は、そのURLを掲載できます。
あなたに興味を持った人が、より深くあなたを知ることができるように、ホームページにも目を通してもらいましょう。

自己紹介
プロフィールの中でもっとも重要な項目になります。
字数制限は、つぶやきの140文字よりもやや多い160文字
簡潔に書くことが求められます。


なお、プロフィールのこれらの項目は、すべていつでも変更できます。
あまり頻繁に過ぎると他の人を混乱させてしまいますが、気分に合わせて変えてみたりするのも楽しいでしょう。

実際にプロフィールを見てみよう!

さて、プロフィールを書く前に、実際にTwitterユーザーがどんなプロフィールを書いているのか見てみましょう。きっと「こんなことを書けばいいのか」「人それぞれ面白いなぁ」といった発見学びがあるはずです。

下記はWEB総研の社員紹介ページ。社員のもつTwitterのアカウントも掲載しております。

彼らの自己紹介もぜひ参考程度にご覧になってみて下さい。

 

WEB総研社員の紹介 

WEB総研の社員をご紹介。
社員の
ツイッターもぜひご覧ください。

詳しくはこちら

yoshimoto_116×115_1.jpg

WEB総研 代表取締役 吉本の紹介

吉本の詳しいプロフィールについてご紹介いたします。

詳しくはこちら

 

あなたはどんな人で、何をしている人なのでしょうか。
どうぞ、あなたらしさが存分に伝わる自己紹介を書いて下さいね。


知らなきゃ!?ホームページ作成のノウハウを大公開

Twitter×ホームページ=最強情報伝達ツール!?


次は・・・ツイッターで趣味や興味の合う人を検索しよう