写真付きのつぶやきを投稿してみよう

「百聞は一見にしかず」

という言葉がある通り、写真や動画によって伝えられる情報量は、時として言葉を遙かに超えることがあります。

ツイッターのように140文字という字数制限がある中では、なおさら効果が高いと言えるでしょう。

そこで今回は、Twitterを使って写真を投稿する方法をお伝えいたします。

あなたの好きな写真を友人や周りの人と共有しましょう!

Twitterで写真を投稿する方法

それでは早速、Twitterで写真を投稿する方法について分かりやすく説明いたいと思います。

 

「つぶやき」を記入する画面を開くと、左下にカメラマークがありますね。
そのマークをクリックすると、お持ちのファイル一覧が出ますので、投稿したい写真を選択し、「開く」 を押します。

 

shashin_1.jpg

 

 

すると、選択した写真が下記の画像のように、小さく表示されます。
それを確認したら、「つぶやき」を入力し、「ツイート」ボタンを押しましょう。 

 

shashin_2.jpg

 

 

写真付きの「つぶやき」は下記の画像のように、投稿されます。
pic.twitter.com/◯◯◯◯◯◯」と書かれたURL部分をクリックすると、投稿した写真が見れる仕組みになっています。 

 

shashin_3.jpg

 

※注意点としては、写真を投稿する場合、写真のURLの文字数分もつぶやきとしてカウントされます

つまり、上記の画像の場合、写真のURLが26文字ですので、140文字−26文字=「114文字」しか文字自体は書けないことになります。
写真を投稿する場合には、いつもよりつぶやける文字数が少なくなってしまうことを覚えておいてください。

 

Twitterで写真を投稿することで、友人や周りの人ともっと親密なコミュニケーションが取れるはずです。
写真の投稿を通じて、もっとツイッターを楽しんでみてくださいね!

 

 

必見!ビジネスの成果につながるホームページデザインって?