ステップ(3)有名人の発言を再投稿しよう

有名人をフォローして、そのつぶやきを読んでいると、なんとなく「ツイッターってこんなものなのかな」と理解できるようになったのではないでしょうか。

また、多くの人をフォローしてみると、そのうち相手の方からあなたをフォローしてくれるようにもなります。

こうして、フォローしたりされたりの輪が広がることで、コミュニケーションの輪も広がっていくのがツイッターの特徴なのです。

さて、ステップ(3)では、ただ他人のつぶやきを読んでいるだけでなく、もう少し積極的な行動を起こしてみましょう。

今回は

有名人の発言を再投稿してみる

ことにチャレンジしてみましょう。

「リツイート」の機能で再投稿する

積極的に行動してみるといっても、「そんなにつぶやくようなことはないよ」「直接会話するのもなあ」と、敷居との高さを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも大丈夫。

今回ご紹介するのは、

気に入った発言(つぶやき)をボタンひとつで再投稿する

だけの簡単な操作ですから。

この機能は

リツイート(ReTweet)

と呼ばれるもの。

自分がフォローしている人のつぶやきで気に入ったものがあったら、リツイートすることで他の人へと広めることができるのです。

いい話があれば他の人にも教えてあげたくなるという、善意のコミュニケーションを加速させるための仕組みと言えるでしょう。

吉本俊宏の発言を再投稿してみよう

それでは、実際に「リツイート」してみましょう。

「いきなりやって大丈夫?」と不安な方は、吉本の発言をリツイートしてみてください。


▼こちらの発言をリツイートしてみましょう

Capture_0035.png


▼マウスカーソルをつぶやきに合わせると、「リツイート」ボタンが表示されます

Capture_0036.png

▼ボタンをクリックすると「リツイートしますか?」と聞かれるので「はい」をクリック

Capture_0037.png


じつに簡単ですね?
これだけで、あなたが気に入ったつぶやきが、ツイッターに再投稿されました。

 

吉本俊宏ってどんな人?
WEB総研代表取締役・吉本のプロフィールはこちら

あなたをフォローしている人が、リツイートされた内容を読める

ところで、あなたがリツイートしたつぶやきは、他の人にはどのように見えているのでしょうか?

実際の画面を確認してみましょう。
以下は、あなたをフォローしている人の画面で、どのように表示されるかの例です。

Capture_0039.png

「リツイートであることを示すボタン」と、「あなたがリツイートした」ことを示す記述がありますね。

リツイートでは、

あなたをフォローしている人に、あなたのお気に入りのつぶやきを教えてあげる

ことができるのです。

Capture_0040.png

逆にあなた自身も、他の人のリツイートを通じて、まだフォローしていない人のつぶやきに接することができます。

コミュニケーションの輪を広げるのに非常に役立つ機能なので、気になったつぶやきやおもしろいつぶやきを見かけたら、積極的にリツイートしてみましょう。


次のステップ(4)では、いよいよ自分なりの言葉でのつぶやきにチャレンジしてみましょう!