有名なハッシュタグの会話に参加してみよう

先述の通りハッシュタグは自然発生的なものであり、その付け方にこれといった規制はありません。
そのため、同じ話題について複数のハッシュタグが乱立していることも珍しくありません。

しかし、中には表記が統一された有名なハッシュタグもあるので、それらのハッシュタグが付けられた会話のうち、いくつかのものに実際に参加してみましょう。

参加方法はきわめて簡単。
つぶやきの最後(途中でも構いませんが、読みにくくなるため)に、ハッシュタグを付け加えて投稿するだけです。

ただし、その際

ハッシュタグの前後に必ず半角スペースを入れる

ように注意してください。
半角スペースを入れないと、ハッシュタグとしてきちんと認識されません。

また、参加は自由とはいえ、その話題に関するつぶやきであることは最低限のマナー。
お互いにマナーを守りながら、楽しく会話をしたいものですね。

それでは、以下に、日本人ユーザーが多く集まるハッシュタグのいくつかをご紹介します。

◆仲間募集のコミュニティ
フォロー仲間を募集するためのハッシュタグ。かなり巨大なコミュニティとなっています。

#followme
#followmeJP

など。

◆テレビ番組関連
テレビ番組に関する話題を投稿するためのハッシュタグ。各局や各番組ごとにハッシュタグが付けられ、番組を見ながらリアルタイムに感想をつぶやくスタイルが目立ちます。

#NHK
#ryomaden

など。

◆創作ものの発表
小説や詩、川柳、俳句などを投稿するハッシュタグ。140字以内でいかにまとめるかが見所です。

#senryu
#twnovel

など。

この他にも、ツイッター上には無数のハッシュタグが存在しています。

ハッシュタグクラウドhttp://hashtagcloud.net/


というサイトでは、いま話題となっているハッシュタグをジャンル別に確認することができます。
興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

Twitter×ホームページ=最強情報伝達ツール!?