ハッシュタグってなに?

タイムラインに表示されるつぶやきの中に、「#abc」のような一見しただけでは意味不明な文字列を見かけたことはないでしょうか?

この「#」記号で始まる英数字ハッシュタグと呼ばれるものです。

ハッシュタグとは、そのつぶやきが何の話題についてのものなのかを示すタグであり、タグを付けることで検索しやすくなるのが特徴です。

たとえば、つぶやきに「#haiku」というハッシュタグを付けておけば、それが俳句についての話題であることがわかります。また、「#haiku」というキーワードで検索すれば、俳句を話題としたつぶやきの一覧を簡単に得ることができるのです。

ご存じの方にとっては、話題設定をされたチャットルームのようなものを思い浮かべていただくとわかりやすいかもしれません。

このハッシュタグは、元々はユーザーの間で自然発生的に生まれたもの。イベントなどの際に、共通のハッシュタグを付けることで会話を進めやすくするためのアイデアだったのですね。

そのため、とくに届け出や登録が必要なものではなく、誰でも自由にハッシュタグを付けることができます。

たとえばWEB総研では2010年4月、新卒採用の説明会にツイッターを活用しましたが、この際に「#wmsfresh」というハッシュタグを付けることで、ツイッターを使った質疑応答などがスムースに行えました。

ACS000074.jpg